地球交響曲 第七番

「地球交響曲 第七番」という映画を観てきました。

いや〜〜、良かった。しみじみ。

ガイヤシンフォニー

去年見逃した映画なのですが、結果的に今観て正解だったと思います。
日本人が大きな震災を経験した(している)今こそ、正に観るタイミングだったと。癒し系のはずですが、僕はガツンとやられました。

「地球交響曲」についてWikipediaから引用。

地球交響曲とは、ドキュメンタリー映画の作品名で、「ガイアシンフォニー(Gaia Symphony)」とも読まれる。 全編、龍村仁が監督しており、各編の出演者たちが「地球の中の私、私の中の地球」というテーマで語るインタビューを、美しい景色と共に1本の映画に納めるというコンセプトで制作される。



第七番

今回は次の三人が登場しました。

  • 高野孝子氏(環境活動家)
  • グレッグ・レモン氏(元「ツール・ド・フランス」チャンピオン)
  • アンドルー・ワイル氏(現アリゾナ大学統合医学プログラム部長)

高野孝子氏

「人力と犬ぞりに依る北極海横断の旅を日本女性として初めて成し遂げた」方とのこと。極限の環境で過ごされた経験からくる物事の見方には、とても静かで大きな説得力を感じます。冒険する際の装備が、昔と比べて小型で軽く便利になったことについて語る場面は、何故だか僕の頭に「ガーーン」と響いています。高野氏は大凡次のようなことを語りました。

「便利なテクノロジーは、テクノロジーなしで生きていく術を知っている人が使うのと、それが無いと生きていけない(と思って生きてきた)人が使うのとでは、大きな差がある」

グレッグ・レモン氏

ただの自転車バカ(←敬意を混めて。笑)のおっさんにしか見えないのですが、語ることがいちいちいちいち「智慧のある人なんだなぁ」と思わされるものでした。猟銃で六十発撃たれて死にかけてから、奇跡のレース復活。色々な意味で凄い…。

アンドルー・ワイル氏

「世界各地の伝統医療と西洋近代医学を統合する統合医療の世界的第一人者」とのこと。一部根拠を知りたい話もあったけど、自ら体験して実験して語っている姿勢は頷けます。「病気になるとすぐ薬が出る。今の医療は薬じゃないと治らないと思わされてしまうのが欠点。身体自身に治癒力がある。薬自体が治すのではない」というようなことを仰ってました。

霊性の原風景

日本神道の自然観などが語られます。自然に対する畏敬の念を想ったり、宗教的儀式などから先人の文化や想いを感じることが出来ます。


まとめ

「裸の王様」的であっても皆が妄信的に続けてしまうことは世の中にたくさんあると思います。人間とそのテクノロジーや自然との付き合い方など色々と思いを巡らせて観ることが出来ました。近年の僕は妄想に敏感なので、根拠の無い神秘的な話が多かったら嫌になるんじゃないかと若干心配していました。でも神秘思想に引きずり込む感じではなく、学ぶ点が多くて有意義に観させて頂きました。
僕が地球交響曲に出逢ったのは第四番のときで、それ以降ハマって全作観ています。第一番にはあの有名な歌手エンヤも出ています。

執筆現在(2011年3月)第七番の予告編がホームページのトップで見られます。第一番〜第六番の各ページにもそれぞれの予告編があります。落ち着いた雰囲気の映画です。
どちらかというと女性的センスで好まれる気がします。癒し系だと思います。もし興味の湧いた方はぜひ観てみて下さい。
(滅多に上映してないんだけど。特に地方では…)


地球交響曲のOffcial Site

http://gaiasymphony.com/


上映情報

ラピュタ阿佐ヶ谷 第一番〜第七番 連続上映
2011年3月27日(日)〜4月30日(土)
http://www.laputa-jp.com/

本当にラピュタみたいな面白い建物の映画館です。東京で観るなら今です。



最後に…

もう1つWikipediaからの引用。

この映画は初め、上映してくれる映画館が無かったために、完成から約一年の間「お蔵入り」していた。1992年、龍村監督が自らチケットを引き受けることを条件に、ようやく数週間の上映に漕ぎ着けた。上映後1日、2日はチケットを買ってくれた友人知人で満員になったが、3日目から観客は激減。ところが、公開から2週間目を過ぎた頃から、映画を見て感動した人による口コミにより、当日客が増加。最後の2日間は、前売りのチケットを持ってゆっくり来た客が入れなくなるほどであった。最終的に、第一番の観客動員は3年目に30万人、第二番は半年で20万人を越えた。
この映画の特徴は「自主上映」である。映画を通じて集まった仲間が「ガイアネットワーク」として様々な活動を行い、その後の映画の製作、上映をサポートするようになった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です