震災から約3ヶ月の岩手県で見た光景 3.普代村、野田村、久慈市 〜 2011年6月2日

約1ヶ月前の6月初頭(震災から2ヶ月と3週間後)に、岩手県に行きました。
前々回・前回に引き続き、現地で撮った写真を公開します。

今回もまた津波による物的被害の写真が大半を占めます。
毎回書きますが、写真は「見せたい部分のみを切り取る手法」なのでどうしても演出になる傾向があります。報道の映像や写真ではなく実物を見たいと思って現地に行った私が、その写真をお見せしているというジレンマがあります。“カメラのファインダーという視点からの”…1つの事実として見て頂ければと思います。
お読みでなければ、初回の記事から読んで頂けると嬉しいです。


普代村

折れたポール

海沿いの公園にあったポール。
ポールの先に孤立したテトラポッド。あれが流されてきて、なぎ倒した可能性も。



水産物荷捌施設 (1)

水産物荷捌施設。



水産物荷捌施設 (2)

ここは近づけたので様子を見させて頂いた。



水産物荷捌施設 (3)

結構な高さだが、屋根上まで壊れていた。



野田村

野田村の被害

この辺りには住宅があったらしいが、何と言っていいのか。特に奥の方は住宅が密集していた痕跡が。正直まともに実感が湧かなかった。



野田村の被害をパノラマで

写真を繋げてパノラマ(約180度)にしてみたが、これでも伝わらない。



瓦礫の山

海岸近くには、瓦礫になってしまった物が積まれていた。



なぎ倒された松

海岸沿いは、松がなぎ倒され、塩で枯れていた。



住宅地の被害

先程の広い住宅地の跡を通り抜けた。



野田村災害廃棄物仮置場 (1)

野田村災害廃棄物仮置場。



野田村災害廃棄物仮置場 (2)

ひと月前と比べて町の中はかなり片付いたようだが、仮置き場に移動している段階で、まだまだその先が大変だと思う。



久慈市

久慈港近くの被害

久慈港も被害の痕跡がたくさんあった。



民家の被害

海辺の民家の被害。



ひといき

うに弁当

三陸鉄道の久慈駅で売っている「うに弁当」。旨かった!元気を頂いた!
ウニが復活してお弁当も復活したとのこと。数量限定で、このとき人数分足りなかったのだが、注文を喜んでくれた店主が急遽数を間に合わせてくれた。
その後このお弁当の話題がNHKで放送されていた。



以上、普代村から野田村、久慈市まででした。次回は、種市町の写真です。
見ていただき、ありがとうございます。



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です