震災から約3ヶ月の岩手県で見た光景 2.田老港、田野畑村 〜 2011年6月1日

約1ヶ月前の6月初頭(震災から2ヶ月と3週間後)に、岩手県に行きました。
前回に引き続き、現地で撮った写真を公開します。

今回も津波による物的被害の写真が大半を占めます。
毎回書きますが、これを公開することでどういった意味があるのだろうか?と考えている自分もいます。また写真は「見せたい部分のみを切り取る手法」なのでどうしても演出になってしまいます。お読みでなければ、それについて触れている初回の記事から読んで頂けると嬉しいです。
“カメラのファインダーという視点からの”…1つの事実として見て頂ければと思います。


田老港

田老港にて (1)

田老港を通りがかったが、かなり広い範囲が被災されていた。



田老港にて (2)

家の被害。
思えば更地だって、家の被害なんだよね。
(公開すべきか迷いました)



田野畑村

仮設住宅

仮設住宅。既にご入居されているようでした。



島越駅付近

島越駅付近

ここに村があったと聞いた。



手すり

島越海水浴場近くの手すり。



島越駅 (1)

島越駅。



島越駅 (2)

同じく島越駅。



島越駅 (3)

同じく島越駅。
軽自動車で大きさがわかる。



破壊された車

破壊された車。



羅賀

電車のモニュメントか何か

本物の電車ではなく、モニュメントか何か。それだけが残されていた。



電灯の消えたトンネル

電灯の消えたトンネルも多い。
日中なのに怖い。



明戸

明戸の堤防

明戸の堤防。めちゃくちゃに壊れていた。
(望遠レンズで圧縮されて見えるが、実際は長い)



明戸キャンプ場

明戸キャンプ場。
奥には前の写真の堤防。長い範囲が丸ごと壊れている。津波の力の恐ろしさを感じる。



普代村の堤防

普代村の堤防

普代村の堤防。
昔の村長が反対を押し切って高い堤防を築いたという。そのお陰で、普代村は被害が少なかったという。



以上、田老港から田野畑村、そして普代村まででした。次回は、翌日の普代村から始めます。
見ていただき、ありがとうございます。



関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です