御岳山とちょっと紅葉と落ち葉と 〜 2010年11月

御岳山へ行こう

「今年、御岳山みたけさんの紅葉みたっけ?・・・見ておらんので、見てこーよう!」
そんな私の独りオヤジギャグも、町ではこだましてくれない。最近こだま不足だと思う。 …そうだ、山へ行こう。

私は、登山と夜逃げ兼用のリュックを背負い、自転車に股がった。とりあえず駅まで行こう。そうすればきっと、進むべき道が見えてくる。
そうしてペダルを漕ぐこと、約2時間半。私は、駅へ到着した。

御岳駅
御岳山へ登るには、この駅が便利だ。

そのとき気がついたことがある。いきなり現地の駅へ来てしまったら、電車に乗れないではないか! 思えば、駅に来たこと自体に全く意味がない。便利でも何でもないよ。

こんなウッカリ屋さんの私は、きっと最近疲れているんだ。…そうだ、疲れている。だってもう脚がパンパンで動かないんだ!

癒しを求めて山へ

山はきっと、この疲れた私と、私の脚を癒してくれるだろう。ここから徒歩で山へと向かう。

その前に、多摩川上空より写真撮影だ。
川沿い左の木々奥の稜線手前から(たぶん)、日の出山、御岳山、大塚山。その奥(正面)はわからない。きっと奥だから奥多摩だ。

川沿いを歩く。紅葉は始まったばかりのようだ。それでも多量の木の葉が舞い、降った木の葉が薄い氷のように川面を流れる光景も見られた。

川を後にし、麓の大きな鳥居を潜ると、徐々に上り坂となっていく。脚がつりそうだが、何とか持ちこたえていた。

魅惑なるケーブルカー

ケーブルカーの滝本駅まで辿り着いた。ここから山頂付近まで行けるケーブルカーはとても便利だ!

しかし思うのだ。
ここまで電車やバスや車で来た人が、ケーブルカーに乗るのは頷ける。だが自転車と徒歩で来ておきながら、ケーブルカーはないだろう。どこか美しくない。どうせなら最後まで美しく飾り、美しく散りたいと思うのが人情というものだ。(最後か?!散るのか?!)

「縄に繋がれて登るなんて、オレはごめんさ! 自由万歳!!」

自由を豪語する私の足取りが、かなり不自由なのは気のせいか。ケーブルカーから不自然に顔を背け、よたよたと山道へ向かう私は、美しかった…のか。
出迎えてくれるのは、石の鳥居、イチョウとスギの大木。ここから本格的な登りとなる。

山、真っ最中

ひたすら登る。御岳山は主に杉山だ。調子がいまいちで、気をつけている歩き方も崩れて道中がとても長く感じた。

今回印象的だったのは、落葉らくようだ。
木の葉が吹雪のように舞い、ときには人の顔ほどの大きな固い葉がガッサガッサと落ちてくる。何だか楽しい。
時折強い風が吹くと、遠くの山々は霧吹きのように木の葉の粒を吐き出し、舞い上げる。それはチラチラ瞬く金色の粒となり、のんびりと山へ沈殿する。

登りは一段落。
ひとまずケーブルカーの上の駅である、御岳山駅へ向かう。ここは見晴らしが良い。しばらくお弁当を食べて過ごす。

麓を望む。
山と山の間の灰色部分が、多摩川に沿った町並み。そこを自転車で来た。一番手前の町並みがおそらく御岳駅近くで、川から写真を撮ったところ。蛇行しながら右上へたどり、右画面外の地平線の彼方(次の写真の山の裏方向)が自宅の方かな。

日の出山を望む。
ぼちぼち紅葉してる。霞み気味だった。

ちなみに景色を見ながら帰りのことを考えてはいけない。…と思うと、余計に考えちゃったりする(汗)
…どう見ても無理でしょ、帰るの
…まぁ、いいや。(いいのか?!)
とりあえず山頂まで登ろう。あと一踏ん張りだ。

途中で、大塚山を撮影。奇麗だったけど、過去に撮った写真の方が紅葉してたなぁ。


とうとう登頂

ついに山頂の御嶽神社みたけじんじゃへ到着!
山頂まで、参ったぞ~っ! いや~、足が痛すぎる。流石に参った参った。山頂へ参って、参っているところだが、もうひと参り…と。

神社で、お参り!
どうか神様が幸せでありますように・・・」(-人-)
この願いを神様が叶えるとしたら、神様は自ら神頼みするのか、自分で頑張ってみるのか??…といいつつも、神様が神頼みする姿はどうにも適わんなぁ(笑)


後は、帰るだけ。
「だけ」といってもね…。「だけ」だから、とってもつまらなくて、なぜか行きより遠く感じて、なぜかいつも向かい風で、何故か1つずつ赤信号にひっかかって…、すぐ暗くなって、寒くて、寂しくて、疲れてて、辛くて…。

でもね、歯を食いしばって、頑張って、それを乗り越えた先にあるのは・・・

・・・普通に自宅があるだけだよ。ハハハ。


さて、来た道を下り、自転車に乗り、私は散らずに無事(?)帰宅した。
息絶え絶えの私は思う。こんなバカげたことをしている私は、頭がおかしいのではないかと。しかし、体の方がもっともっとおかしくなってるので、もうどうでもよくなって、飯を頬張り、風呂と布団に倒れ込むのだった。

めでたし、めでたし。
おめでたし。


最後に、御岳山のお土産屋さんの通りの写真。
御岳山は、山の上に町がある。神社を守る人々が住むという。歴史を知ると面白いかも知れない。

今回の写真は一眼レフではなく、フジのコンデジF710(未だ現役!)で撮ったよ。
最後まで読んでくれてありがとう!

あ~、しまった!!
こだまのことを忘れてた。こだまが聞きたかったのだ。私のこだま不足はまだまだ続く・・・

おしまい



2 thoughts on “御岳山とちょっと紅葉と落ち葉と 〜 2010年11月”

  1. おお!超人的な山行きの記録ですね。
    わたしは(バス+電車+バス+ケーブル+リフト)×2です。
    修行僧のように最初から最後まで自分の足で登山するお方に
    最大の敬意を払います。
    御岳山は修験者の山ですから、山も喜んでいることでしょう。

    1. 悦子おばさん、コメントありがとうございます。

      サイクリング&登山の御岳山は、実はもう十回以上行ってます。
      その行程はまだ語ったことがないと思って、ここに載せてみました。毎回詳細を書くのは大変なので「いつもこんな感じだよ」という記事を残しておこうと。
      更に大岳山まで脚を伸ばしたときはちょっくらヤバイ感じになりましたが、それだけに思うところがあり一段と勉強になりました。

      悦子おばさんはきっとレンゲショウマの時期に登られるんですね。
      昔ちゃんと登山されていたということですから、東京の山を登る私などはまだ若輩です…。(^_^;)

      御岳山は神社(神道)のはずなので、修行僧が入ったら追い払われちゃうかも?!(そんなことありません!笑)
      山が喜んでいるかはわかりませんが、私の脚は笑っていましたよ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です